2016年05月29日

なかったことに

ひとつ前の記事の写真は…
やはりカメラレンズに付いたゴミでした。
カメラを天井に向けている間に例の木屑が落ちてきた
のだったらかなり高い頻度で落ちてきているということで。

今日も夫は天井に幅広テープやらシール付きシート等を
頑張ってペタペタ貼っていますが中々大変やろ…。

普通ならプロのかたに天井を張り替えてもらうところでしょうが、
そうはいかない諸事情がありますので。

オーブではなかったことに安心するやらしないやら。
な〜んも無かったことにしてしまいましょう。
posted by そよぎ at 21:53| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

玉響現象?

以前書いたように、
昨年義父を亡くし義母がひとりになったので、
私達夫婦は夫実家で仮住まいをしています。
 
義父が休んでいた四畳半部屋にいろいろ持ち込み、
物理的に窮屈な生活にも何となく慣れてしまうのは
すごい。
住めば都と言います、が…とても都ではないでしょう。
 
築50年超えの木造家。
かつてシロアリ駆除していただいたこともあり。
柱などはほとんどスカスカです。
雨水漏れもあり大地震に見舞われれば即倒壊?
でも今更、増築も改築も新築も無理な話です。
 
それはさておき、
 
毎日、天井のアチコチから白い粉が点々と落ちてきて
いることに最近気付き(たぶん義父が居た頃も?)、
就寝中に眼や口に粉が入ってはかなわないと天井を
調べると、黒い小虫が這いまわり小さな穴がポツポツと
開いていました。
 
虫が喰ったであろうその穴から粉(木屑)が落ちてきて
いたのだとわかり、夫に応急処置として幅広のテープを
天井に貼り付けてもらったのです。
 
         その時のお見苦しい天井写真がこれなのですが…
20160523-1.jpg

20160523-2.jpg

丸いのはオーブ(玉響現象)というものでしょうか?
4枚撮って2枚に写っています。
 
オーブと言えば、心霊現象だとか、ホコリや水分が光に
反射して写っているだけとか諸説ありますが、
こんな大きな丸いのが写ったのは初めて…
どころか、オーブなど今まで経験ありません。
 
埃だらけなのは…恥ずかしながらその通りです。
 
心霊現象だとすれば、義父が守護霊様になって
現れてくれたのかも…と良い方に考えます。
 
posted by そよぎ at 15:07| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

レースがスキ

 「あなたにしては珍しいな」 と夫が言う。

 裾にレースが付いている長袖Tシャツ(超お買い得の)を着た時。

 過去のブログにも書きましたが
 「カワイイ系」 「キレイ系」 が幼少時から全く似合わない私。

 でも レースは好き。

 で

 裾周りにレース飾り付きのゆったりTシャツを買ってみたわけです。

01.jpg

 肝心のレースが潰れてしまって見えませんが。
posted by そよぎ at 13:41| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

訪問者

 GWど真ん中に親戚家族が遠路車で訪ねてきました。
 もうすぐ3歳になる女の子連れです。

 前回会ったときはやっと掴まり立ちできるくらいだったのが
 今や跳ぶわ跳ねるわ、言葉も達者、何より驚きのスマホ指!
 大人のスマホ操作を見ていて覚えたらしい。
 写真や動画をしゃっしゃか開いて
 「これっ!ディズニーランド行ったの!」「踊ってるの!」
 たくさん観せてくれてありがとう。

 以前も可愛かったけれど
 急速にイロイロ吸収してる今もとっても可愛い。

 撮影大会となりました。


 しかし…たった2時間ほどなのに少々疲れました。
 私と同年代でお孫さんや曾孫さんの相手や世話をされている方も
 多いと思いますが、楽しさ嬉しさと大変さが裏表なのでは
 ないでしょうかね。

 気力、体力、気力、体力、気力、体力、経済力…?
posted by そよぎ at 20:18| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

一周忌と日常

 先日、義父の一周忌を終えました。
 親戚から頂戴したお花。

1-8.jpg

 義父やあの頃の事を思うと、未だに胸の真ん中あたりに
 切なさが渦になって引き込まれそうな感じでちと苦しい。
 身体にさわるのであまり考えないようにしていいでしょうかね。

 と言うまでもなく…
 義母の言動に振り回されているような毎日なので
 他の事を考える間や気力を奪われていると言ってもよろしいかと。

 GWも間近ですが、行楽などとはおよそ無縁の日常です。
 むしろ親戚家族が来られるとのことで、なんだかなあです。
 皆さんにお会いできるのは喜ばしいことですが、
 日常に埋もれ「おもてなし」の気力がもはや無いぉ〜。
posted by そよぎ at 20:29| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

まさかのことが…

 緑鮮やかになってきた爽やかであろうはずの時季に
 あのようなことが起こるとは思いもしませんでした。
 余震が続く中、大変な思いをされている
 被災地の方々にお見舞い申し上げます。
posted by そよぎ at 21:44| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

お遍路さん

 ひとつ前の記事の時に、
 お一人のお遍路さんとバスに乗り合わせ、
 乗り継ぎのバス停でもご一緒でしたので
 バス停を尋ねられた際に、
 ご挨拶程度のお話をさせていただきました。

 お遍路の理由などはこちらからはおたずねしませんが、
 千葉から来られたそうで、私と同年代くらいのかたで
 かなり健脚のご様子でした。

 現代でのお遍路巡りは一度では全部廻りきれませんので、
 普通、何度かに分けて巡るそうです。
 その方は二度目だそうで、
 道中お気をつけて、ご無事に結願されますように。

  ◇◆◇

 以前は、神奈川から来られた若いお遍路さんと、
 同じバス停で色々とお話させていただきました。

 食事の機会を逸したそうで、空腹で倒れそうなのに
 お話していてはエネルギー消耗しますのにお話が止まらなく。

 お接待の四国遍路とはいえ、おにぎりやバナナを持った人々が
 道々に立っている訳でもないし、少し離れたお店に行くには
 バスの時間も迫るしで、(オバちゃんの)私が持ち合わせていた
 飴ちゃんを、茶腹も一時とばかり差し上げましたが。

 お遍路さんに限らず、軽量で手軽な栄養食品などを
 常時携帯する方がいいかもと思った次第です。
 いつ何が起こるかわかりませんし。

 という訳で、あのバス停では、
 関東圏からいらしたお遍路さんにお会いする確率が
 2分の2で100%とかなんとか、なんちゃら計算。
posted by そよぎ at 21:02| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする