2016年05月24日

玉響現象?

以前書いたように、
昨年義父を亡くし義母がひとりになったので、
私達夫婦は夫実家で仮住まいをしています。
 
義父が休んでいた四畳半部屋にいろいろ持ち込み、
物理的に窮屈な生活にも何となく慣れてしまうのは
すごい。
住めば都と言います、が…とても都ではないでしょう。
 
築50年超えの木造家。
かつてシロアリ駆除していただいたこともあり。
柱などはほとんどスカスカです。
雨水漏れもあり大地震に見舞われれば即倒壊?
でも今更、増築も改築も新築も無理な話です。
 
それはさておき、
 
毎日、天井のアチコチから白い粉が点々と落ちてきて
いることに最近気付き(たぶん義父が居た頃も?)、
就寝中に眼や口に粉が入ってはかなわないと天井を
調べると、黒い小虫が這いまわり小さな穴がポツポツと
開いていました。
 
虫が喰ったであろうその穴から粉(木屑)が落ちてきて
いたのだとわかり、夫に応急処置として幅広のテープを
天井に貼り付けてもらったのです。
 
         その時のお見苦しい天井写真がこれなのですが…
20160523-1.jpg

20160523-2.jpg

丸いのはオーブ(玉響現象)というものでしょうか?
4枚撮って2枚に写っています。
 
オーブと言えば、心霊現象だとか、ホコリや水分が光に
反射して写っているだけとか諸説ありますが、
こんな大きな丸いのが写ったのは初めて…
どころか、オーブなど今まで経験ありません。
 
埃だらけなのは…恥ずかしながらその通りです。
 
心霊現象だとすれば、義父が守護霊様になって
現れてくれたのかも…と良い方に考えます。
 
posted by そよぎ at 15:07| 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする